フルウィッグの重さ

フルウィッグの重さ

ずっと頭にのっているんだから、軽い方がいいんだけど

 

ウィッグの重さってどれくらいなのか調べてみました。
今回は人工毛での重さで、ウィッグはリネアストリアの商品で調べてます。

 

フルウィッグ
ロングヘアー(ジュリエットガーリーウェーブ) 229g
ミディアムヘアー(なみなみミディアムウェイブ) 180g
ショートヘアー(スタイリッシュショート) 145g

 

もっとカールがぐりぐりになっているような、ロングヘアのウィッグだと
ショートヘアの倍くらいの重さになりそうですね。
肩こりが酷いから頭は締め付けたくないっていうなら

 

ポイントウィッグもいいかもですよ。
シュシュみたいにお団子につけられる、お団子シュシュだとたったの45gですし、

 

取り外しもすぐにできるから楽だよね。
このお団子タイプのウィッグは便利だから1つは持っておきたいかも。

 

 

フルウィッグで頭が蒸れる!?

 

フルウィッグは髪の毛を全部まとめてから、がばーって被っちゃうタイプだから
当然、暑い時期には頭が蒸れてしまうそうです。

 

自分の髪の毛が長いのに、それをまとめていると特に蒸れるよねー。
普通に紫外線避けだ!って感じで帽子をかぶっていても蒸れるんだから
フルウィッグだって蒸れるよね。

 

ハーフウィッグっていって頭の後ろだけが覆われるタイプだと
前側は通気性がいいからそこまで蒸れないみたいです。

 

とはいっても、地毛と違う色のウィッグでイメチェンするんなら
ハーフだと前髪と色が違うから、アララ・・・になるよね。

 

そういうときに、前髪ウィッグっていうのを使う手もあるけれど、
ガラッと違うイメージにしたいなら、やっぱりフルウィッグだと思うのです。

 

イメチェンできる黒髪ウィッグ通販はこちら